新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

本物の音を奏でる ここだけの技法

新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

会社概要

新潟弦楽器 有限会社

住所 : 〒950-2064 "新潟市西区寺尾西5-7-35MAPはこちら

TEL : 025-269-4110

設立 : 昭和62年6月(1989年)

定休日 : 日曜・祝日(事前予約で休日でも可)

グループ会社:調布ヴァイオリン

新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

営業内容

新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

当社の開発した製品と技術

  • ・ヴァイオリン、ビオラ用ウルフキラー 2種 ¥2,500〜
  • ・スーパーチタニウム製エンドピン
    • VC用 10mm プラグ無し ¥20,000〜
    • VC分割用 10mm プラグ無し ¥20,000〜
    • VC用 8mm プラグ無し ¥20,000〜
    • コントラバス用 10mm プラグ無し ¥20,000〜

    ※チタニウムを更に特殊処理したものでボーイングがスムーズに成り、
     立ち上がり、音色も明るく成る。

  • ・テールガット

    分流バイオリンからビオラ、チェロ、コントラバス用と 8種類用意しています。
    (本当の弦楽器の音が更生ります)               ¥3,000〜¥9,000

  • ・特殊処理した駒と塊柱

    木材に含まれるリグインや副成分を抽出することで(一般に乾煙)
    ノイズが少ない良い音が得られます。

    処理レベル強 新作用/処理レベル強 モダン用/処理レベル弱 オールド用

    Vn駒 AUBERT DX 1982〜あります/Vc駒 AUBERT DX 1989年〜あります

新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

当社の開発した製品と技術

  • ・固有振動数測定器 Vn.Vc. Bass用
    (測定周波数範囲 500Hz〜30Hz)

    製作、修理、オーバーホール等、表板、裏板を外した時の 固有振動数を測定し、それによって各部の厚みを決定し、 表と裏のHzのバランスを執りBass Banの真量を測定する。

  • ・油圧プレス機

    20tプレス VN.Vla用(全面1回)

    50tプレス VC用(全面1回)

    表裏板の厚みの不足時、内側に補強材を接着しますが、1c㎡当たり 何kgで圧着するかで、何トン必要か解ると思います。 (現在多く使用されている砂袋での曲面接着は均等に力が 加わらない為楽器を破壊しかねない)

    ※他社からの接着を受注しています

  • ・ウルフトーンを解明しました。

    ヴァイオリン製作者は長い間ウルフトーンに悩まされてきましたが、新作には絶対にできませんし、既成でもオーバーホールで止まります。

新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

「独り言」

1756年2月ヴォルフガングモーツァルトが生まれ、同年7月父のレオポルドは「ヴァイオリン奏法」を出版しました。
その第二節「ヴァイオリンについて」で当時も良いヴァイオリンが無い事で製作者に対し立腹していた事が記述されています。
この頃には、クレモナ派のストラディバリウス(1644〜1737)没後19年。他にブレシア派ベニス、ミラノ、ナポリ派等々 他にもアマティーファミリー、グァルネリ、グァダニーニファミリー等々 100人を超える製作者が名器?を残していた筈ですが、それらのらしき記述は一切有りません。レオホルドモーツァルトを満足させるヴァイオリンは無かったのでしょう。

新潟弦楽器(にいがたげんがっき)

お問い合わせ

ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの販売修理
教室・新潟弦楽器に関するお問い合わせはお電話にて承っております。
お気軽にお問い合わせください。
Tel.025-269-4110